LITTLE ARCHITECTURES designed by 12 ARCHITECTS
小さな建築


小さな建築:コーヒーカップ  12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー

世界でも類い希な「茶の文化」を持つ日本---「日本の茶道」ほど繊細かつ世界でも名高いおもてなしのスタイルはない。その茶道を生んだ千利休も、茶室の空間デザイナーと言えるだろう。現代の千利休とも言える著名建築家達が、その大きな創造力でコーヒーカップをデザインしたらどんな世界を見せてくるだろう......そんな貴重な時代のメッセージを込めたシリーズは非常に製作困難なものもあり再生産の可能性は低い。実用的なモノ、美しいモノ、とても飲みにくいモノ---それぞれのデザインの中に新たな美学、もてなしの作法が感じられる。

建築家(五十音順)
青木  淳 磯崎  新 伊東  豊雄 隈   研吾
妹島  和世 高松  伸 竹山  聖 団   紀彦
長谷川 逸子 坂   茂 葉   祥榮 六角  鬼丈

自治体である岐阜県産業デザインセンターによりデザイナーとメーカーが協働したプロジェクトで、、今後の地方再生を問うデザイン・ビジネスモデルとしても注目されている。
aTIMONTのトミタ・ジュンがプロデュースしており、aTIMONTより発売。価格は商品のデザインの複雑さにより6000円〜10000円の幅がある。 

商品、取材等に関するお問い合わせ先

hello@atimont.com